あなたの持つ保険のイメージはどんな感じ?

私の経験から如何に保険の全体のイメージが大切かということをいくつかの経験書いて示してみました。

保険のイメージの大切さ

保険のイメージとしては、ありふれたところでは保証ということですが、人により色々だと思います。
ある人は保証金を受け取れたということで、とても助かりその話を話してまわり、保険の重要性と加入の必要性を力説していましたし、保険の外交員の知り合いの人は、熱心に紹介をしてまわっていたりしていました。
保険に関しては私も今まで色々な人に紹介されて加入したりしましたが、それほど強引ではなく、概ね悪いイメージはありませんでした。
それよりも保証の度合いでのいろいろな保険の利用方法や一番有利な加入の仕方や保険商品の選び方などを勉強したりしました。
もともと何かの保険には入らないと何が起こるかわからない世の中なので、加入自体は必然の事になるでしょう。

私の保険のイメージもそのように良いものでしたので、わりと加入も多くなりました。
多くは知人などの紹介で頼まれての加入でしたが、そのような時も二つ返事で加入した事はよくありました。
収入のうちのある一定の額を人生の保証にまわすのは、まさに保険といえるのだと思います。
その時に今までの保険のイメージが重要でそれが悪いと加入にも二の足を踏むことになりますし、なかなか保険の外交員への対応も用心深くなります。
そうなるとせっかくの人生の計画も保険という保証が受けられなくなる可能性があります。
世の中に出回っている保険のトラブルもとてもイメージが重要な保険の世界では不利なことになると思います。
特に保険ではイメージが大切だと思います。

お勧めのサイト